交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

自転車にひかれた場合の交通事故相談

自転車は、歩道を走っていることもありますが、基本的には車道を走らなければなりません。しかし、多くは歩道を走っており、歩行者に危険をもたらす場合もあります。

そして、万が一ひかれてしまった場合、自転車の方が過失割合が大きくなり、損害賠償を請求できます。しかし、中には泣き寝入りしなければならない人もいます。

相手が交渉に応じてくれない場合などです。そういった時は、弁護士に交通事故相談をしましょう。弁護士は、相手との示談交渉をすることも、訴訟代理人になることにも応じてくれます。専門家が間に入ることで、相手も示談に応じる可能性が高まります。

ページトップへ戻る