交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故相談 > 自転車にひかれた場合の交通事故相談

自転車にひかれた場合の交通事故相談

自転車は、歩道を走っていることもありますが、基本的には車道を走らなければなりません。しかし、多くは歩道を走っており、歩行者に危険をもたらす場合もあります。

そして、万が一ひかれてしまった場合、自転車の方が過失割合が大きくなり、損害賠償を請求できます。しかし、中には泣き寝入りしなければならない人もいます。

相手が交渉に応じてくれない場合などです。そういった時は、弁護士に交通事故相談をしましょう。交通事故弁護士は、相手との示談交渉をすることも、訴訟代理人になることにも応じてくれます。専門家が間に入ることで、相手も示談に応じる可能性が高まります。

今後も交通事故相談は慰謝料に影響する

昔から、交通事故慰謝料の支払いを行う場合には、交通事故相談を利用した方がいいと言われます。これは、事例を整理してもらい、適切な交通事故慰謝料を決めるためには大事なことだからです。

交通事故相談を利用していなかった場合、事例を整理することができず、バラバラの内容からお金の問題を解決します。

バラバラの情報を整理することができないと、交通事故に関連する支払いというのは相当難しいのです。簡単に支払いを完了させたいと思っている人は、結果的に交通事故に関連する相談を行って、とにかく問題が早期に解決することを目指した方がいいでしょう。

交通事故相談関連

交通事故相談での争点

交通事故相談で争点となるのは主に慰謝料についてで、金額に納得出来ず裁判に発展することも少なくないです。慰謝料には大きく分けて3つの基準があり、基本的には強制保険となる自賠責基準が一番低く、次いで任意保険基準、弁護士基準という順番で高額になる傾向となっています。

同じ事例でもどの基準で計算するかによって、最終的に受け取れる額が大きく変わってきます。高額になるなら弁護士基準での請求をしたくなりますが、弁護士への依頼料がかかるということを忘れてはいけません。自賠責基準や任意保険基準での額を受け入れた方が、スムーズに終わって精神的負担も少ないというケースも珍しくありません。

交通事故相談の事例について

交通事故に遭ってしまったときは、気が動転してしまい冷静な判断を下せなくなってしまう方が多いと思います。そのようなときに利用したいのが、交通事故相談で、交通事故を専門としている弁護士などに詳細を話すことで最適な解決方法を提案してもらえるのです。

特にトラブルになりやすい慰謝料についても、裁判所で下された過去の判決をもとに慰謝料相場を判断するので、過去の事例があることで双方納得しやすい金額にしてもらえます。また、いきなり法律事務所などを訪れて交通事故相談を行うことに抵抗がある方は、メールや電話でのやり取りができたり、事務所によっては無料相談を行っているので、利用してみると良いでしょう。

交通事故相談には交通事故弁護士

ここ最近においては、交通事故の件数は全国的にも減少傾向にあるようです。しかしながら、交通事故に関しての交通事故相談においては、増加傾向であることがいわれています。もともと交通事故に関しての相談を、する人が少なかったということもあります。

交通事故相談を交通事故弁護士にして、慰謝料の金額の引き上げに施工したような事例も数多くあります。交通事故に関しては難しい知識や交渉などが必要になりますので、交通事故弁護士に相談して損はないでしょう。インターネットでリサーチすることによって、そのような事務所を探すことができます。

メニュー

ページトップへ戻る