交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故相談 > 弁護士への交通事故相談費用は任意保険から補てん

弁護士への交通事故相談費用は任意保険から補てん

交通事故の被害者は、被った損害分の金銭を加害者に損害賠償請求できます。賠償請求項目は、治療費や休業補償、慰謝料などと多岐にわたり複雑です。賠償金額は、交通事故の当事者双方が話し合いの場を設けて決めます。この話し合いが示談交渉です。

加害者は示談交渉の代行特約を利用するため、相手方からは保険会社の担当者が交渉にあたります。相手に対して賠償責任のない被害者はこの示談代行特約を利用できないため、自分で交渉にあたらなくてはなりません。しかし、知識がないと相手の提示する安い示談金で応じてしまいがちなため弁護士に交通事故相談をしてサポートしてもらうのが一番です。自動車保険には交通事故相談の弁護士費用特約があり、交通事故弁護士の先生に相談する費用が補てんされます。

高い慰謝料は交通事故相談で話をしよう

交通事故相談を行う際、どうしても高額な慰謝料が発生する状況となってしまった場合、過去の事例で減額することができなかったのかしっかりと見てもらう必要があります。交通事故弁護士にお願いすると、過去の問題についても確認してもらえて、裁判などで減額できる方法が用意されることもあります。

また、話し合いの結果、過去の事例を示すことによって、金額を減額できる場合もあります。誰にも相談しなかったことで、相手が要求してくる慰謝料をそのまま支払う可能性があるのなら、交通事故相談で弁護士と協力して食い止めましょう。高額な支払いもなるべく減らしましょう。

交通事故相談の大事さ

交通事故と言われると煽り運転などでの事故から、軽い事故で事故処理をしない事故など様々な事例があるように見受けられます。事故は必ず警察に連絡し、出来れば交通事故相談等をした方が、後々慰謝料を巡ってトラブルが起こりにくいです。

その為には、自分の加入している保険の内容をきちんと確認し、相談できる状況にあるかどうかを把握する事が望ましいです。事故は被害者と加害者のどちらにとっても辛いです。信頼できる保険会社を選ぶことが自分にとって最大のメリットになり、依頼料金が安いだけなどの保険会社を選ばないよう、注意しましょう。

交通事故相談には弁護士の利用がおすすめ

交通事故の当事者になれば、精神的なショックも受け、冷静な判断が難しい状況になりがちです。物損事故での事例の場合には、慰謝料が発生しないために、加入している保険会社が代理人として交渉してくれることがありません。

被害者が直接加害者側の保険会社との交渉にあたる必要があり、手続きの進展の予測や示談の基準にも不安を感じます。そのような場合には、弁護士への交通事故相談をすることで、さまざまな不安や疑問が解消されます。交通事故の事例によっては、交通事故相談をしたうえで、弁護士への代理人依頼することで慰謝料の増額も期待できます。

交通事故相談を弁護士におこなうメリットとデメリット

交通事故相談を弁護士におこなう場合は、過去の交通事故の裁判の事例を参考にして、交通事故の慰謝料が決められます。これは、交通事故の慰謝料を決めるいくつかの手段の中でも、最も高い金額を請求できることでも知られています。

実際に裁判所で判決が出た交通事故を参考に請求がおこなわれるので、似たようなケースなら同じくらいの金額を受け取ることができるのです。ただし、示談成立までに時間がかかったり、弁護士を雇うための費用が発生するなどのデメリットもありますが、多額の金額を受け取りたいという方は、一度試してみる価値のある手段ではないでしょうか。

交通事故相談関連

メニュー

ページトップへ戻る