交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

弁護士への交通事故相談費用は任意保険から補てん

交通事故の被害者は、被った損害分の金銭を加害者に損害賠償請求できます。賠償請求項目は、治療費や休業補償、慰謝料などと多岐にわたり複雑です。賠償金額は、交通事故の当事者双方が話し合いの場を設けて決めます。この話し合いが示談交渉です。

加害者は示談交渉の代行特約を利用するため、相手方からは保険会社の担当者が交渉にあたります。相手に対して賠償責任のない被害者はこの示談代行特約を利用できないため、自分で交渉にあたらなくてはなりません。しかし、知識がないと相手の提示する安い示談金で応じてしまいがちなため弁護士に交通事故相談をしてサポートしてもらうのが一番です。自動車保険には交通事故相談の弁護士費用特約があり、交通事故弁護士の先生に相談する費用が補てんされます。

高い慰謝料は交通事故相談で話をしよう

交通事故相談を行う際、どうしても高額な慰謝料が発生する状況となってしまった場合、過去の事例で減額することができなかったのかしっかりと見てもらう必要があります。交通事故弁護士にお願いすると、過去の問題についても確認してもらえて、裁判などで減額できる方法が用意されることもあります。

また、話し合いの結果、過去の事例を示すことによって、金額を減額できる場合もあります。誰にも相談しなかったことで、相手が要求してくる慰謝料をそのまま支払う可能性があるのなら、交通事故相談で弁護士と協力して食い止めましょう。高額な支払いもなるべく減らしましょう。

交通事故相談関連

ページトップへ戻る