交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故慰謝料 > 慰謝料だけでない交通事故の解決

慰謝料だけでない交通事故の解決

慰謝料といえば、交通事故や離婚の際に加害者が被害者に対して支払いを行いますが、交通事故の解決方法というのは慰謝料がすべてではありません。

軽い交通事故の場合には、慰謝料が発生せず謝罪だけで解決したり、また慰謝料ではなく示談金という形で交通事故に終止符を打つ事もあります。

慰謝料で解決するのか、もしくは示談金で解決するのかという事は、交通事故の内容によります。

この様に金銭で解決する際に、受け入れがたい状況となれば、弁護士などの法的機関を利用する人もいます。大きく難しい問題に関しては、裁判所でやりとりを行うという事さえあります。この様な事にならない様、普段から気を付けましょう。

任意保険基準である交通事故慰謝料

交通事故で慰謝料が発生する事は、多くの人が知っていると思います。ではその慰謝料に基準があることを知っているでしょうか。その基準の一つである任意保険基準は、加害者側が加入する自動車保険の会社がそれぞれに定めている基準になります。

この基準については非公開になり、保険会社によって変わるようです。最低の基準とされている自賠責基準よりも設定は高いようですが、裁判所の判例を元にして決められている弁護士基準よりも低い基準のようです。このような基準やそれを受けての事例を知った上で、交通事故慰謝料の交渉にあたると良いでしょう。

交通事故慰謝料関連

弁護士基準である交通事故慰謝料

交通事故の処理をおこなっていくなかで、交通事故慰謝料の交渉が最も重要になってきます。その場面でどの基準で慰謝料を支払ってもらうかで、金額が大きく変わってきます。

そのなかで一番高い基準とされている弁護士基準は、別名では裁判所基準とも言われていて、過去の裁判所での事例を元に作られている基準になります。この基準での慰謝料を受け取りたいのであれば、交通事故弁護士に依頼するのが一番でしょう。弁護士基準での慰謝料を計算することで事例によっては、4倍にもなったケースもありますので、弁護士費用も回収することができるでしょう。

限界まで交通事故慰謝料を引き下げる

支払う側になって、交通事故慰謝料を出さないといけない場合、高額な慰謝料が請求されることも予想されます。高額な金額が提示されてしまったら、とても大変な思いをすることとなるでしょう。中には、交通事故慰謝料をかなり出さないと、納得してくれない人もいます。

そこで、弁護士基準によって、まずは金額を固定しましょう。この基準に沿って支払いを行うということを提示して、相手の様子をうかがっていくのです。同時に、限界まで引き下げられるかを相談していきます。弁護士基準で提示されている金額が最大限であり、できれば慰謝料を下げたいと伝えておくのです。

弁護士が出した交通事故慰謝料は進みやすい

弁護士が提示している交通事故慰謝料については、大体のケースでそのままの金額が支払額として確定し、慰謝料として提供することとなります。金額が多いように思っている方も多いですが、交通事故慰謝料と言うのは非常に大きなものとなり、弁護士基準を使ったとしてもかなりの金額になります。

適当に考えていると、大きな慰謝料が提示されてしまって、弁護士も味方をしていないように感じてしまいます。でも、実際には、弁護士としても最低限の数字として提示している金額が、弁護士基準なのです。依頼主のことを考えて、慰謝料の数字を抑えられる努力をしています。

大阪弁護士会

HP:https://www.osakaben.or.jp/

所在地:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

メニュー

ページトップへ戻る