交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故においては慰謝料ではなく示談金

交通事故においては慰謝料ではなく示談金

交通事故によって加害者が被害者に対して与えた精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料は良く知られているかと思います。

しかし、交通事故においては慰謝料ではなく示談金が支払われる事もあります。示談金というのは自分達だけで解決する際などに支払われる様です。

小さい規模であれば、自分達だけで手っ取り早く解決してしまおうという場合もあるでしょう。状況に応じていろんな場合があります。加害者は医療費の支払いが求められる事もあります。

上手く解決するのが難しそうだという時には、法律家を仲介させて交渉が行われる事もたびたびあります。時には自分が妥協できる範囲を明確にする事も求められるかもしれません。

交通事故相談については専門の交通事故弁護士に相談することをおすすめします。

被害にあった人が受け取れる交通事故慰謝料

交通事故の際には当然ながら加害者側から、被害者側に交通事故慰謝料が発生します。その相場を知っているかどうかで、支払われる金額も大きく変わります。まず基準となる内容が3種類のものがあります。

法令で決められた最低限度の基準である自賠責基準や、保険の会社がそれぞれ儲けている任意保険基準などがあります。他にも裁判での事例を元にした弁護士基準で決められています。基準があることを知っておくだけでも、交通事故慰謝料の金額が大きく変わるでしょう。分からないようであれば、交通事故に詳しい専門家に相談することで有利に交渉することができるでしょう。

交通事故慰謝料を引き上げる為の交通事故相談

交通事故にあってしまった際に、さまざまな被害を生じてしまっている可能性があります。一番に気にしなければいけないのが怪我の被害ですが、その他にも今後の生活や車の修理など、さまざまなことが気にかかることでしょう。

交通事故慰謝料はそれらに対してかかる慰謝料になりますので、しっかりと交渉した上で慰謝料を受け取るべきでしょう。自分だけで交渉が不安なようであれば、交通事故弁護士などの法律家や各種機関の専門家などに相談することができます。そうしたことで、交通事故慰謝料の引き上げに成功した事例もありますので、検討するべきでしょう。

交通事故慰謝料の請求は弁護士に相談

交通事故で悲しくも被害者になってしまったら、治療などに費用がかかることも多いでしょう。被害で最も多いのは、むち打ち症です。衝突時の衝撃で痛み、違和感、しびれを感じるもので、完治させるには根気よく通院して治療に臨むことが大切になります。

治療にかかる費用の足しになるのが、慰謝料です。交通事故慰謝料を請求するなら、交通事故案件に精通した弁護士に相談することが大切です。弁護士は保険会社と異なる弁護士基準で、慰謝料を計算します。通院のために休職、休学する場合の費用を請求することもできます。煩雑な手続きも多いので、専門家に依頼すると楽です。

事故の際に発生する交通事故慰謝料

交通事故においては予測しない事態で起こりますので、万が一起こった際には注意が必要になるでしょう。当然のことながら、損害や怪我の症状に対して、交通事故慰謝料を支払うことが求められます。

しかしながら、この交通事故の慰謝料が不十分なケースもあるようです。すべては任意保険や自賠責保険、弁護士基準などで決められていますので、適用された基準によって変わるようです。納得いかないのであれば、自分自身で交渉することもできますが、より効果的な方法はやはり法律家を雇うことでしょう。交通事故弁護士であれば、それらを網羅していますので、多くの事例を率いて納得の行く交渉をおこなってくださることでしょう。

大阪弁護士会

HP:https://www.osakaben.or.jp/

所在地:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

ページトップへ戻る