交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

飲酒運転による交通事故

飲酒運転による交通事故が多かったため、懲罰を重くするなどの対策がとられましたが、いまだに飲酒運転の交通事故は無くならず、多くの人が飲酒運転により負傷しています。

お酒を飲むことによって、視覚や聴覚、運動機能や判断力、注意力などさまざまな機能が低下します。その状態で車の運転をするわけですから交通事故になる可能性が高くなるのは当然です。

もし、飲酒運転で交通事故を起こせば、自分だけでなく周りにも迷惑がかかります。誰かを怪我させてしまった場合は高額の損害賠償金が発生します。認識の甘さから人生を棒に振らないためにも、飲酒運転は絶対に止めましょう。

ページトップへ戻る