交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故相談 > 飲酒運転による交通事故

飲酒運転による交通事故

飲酒運転による交通事故が多かったため、懲罰を重くするなどの対策がとられましたが、いまだに飲酒運転の交通事故は無くならず、多くの人が飲酒運転により負傷しています。

お酒を飲むことによって、視覚や聴覚、運動機能や判断力、注意力などさまざまな機能が低下します。その状態で車の運転をするわけですから交通事故になる可能性が高くなるのは当然です。

もし、飲酒運転で交通事故を起こせば、自分だけでなく周りにも迷惑がかかります。誰かを怪我させてしまった場合は高額の損害賠償金が発生します。認識の甘さから人生を棒に振らないためにも、飲酒運転は絶対に止めましょう。

交通事故相談をして損はない事を覚えておこう

こちらが注意していても相手側の不注意で交通事故に遭遇する事もないと言い切る事は出来ません。近年でも高齢者の誤操作での事故がニュースでも多く取り上げられていますよね。交通事故に遭った時に、ケガや損害のレベルで慰謝料を請求できます。

交通事故で軽視してしまいがちなのが、軽い症状と思われるむちうちの症状です。その場では何ともなくても、後々後遺症を伴う重い症状になってしまう事例もあります。交通事故に遭った際に交通事故弁護士などに相談をしていなければ、証拠不十分で妥当な請求が出来なくなります。ただただ損でしかないので、交通事故が起きた際には、何ともなくても交通事故相談の連絡をするといいでしょう。

交通事故相談関連

もしもの時に知っておきたい交通事故相談の情報

自動車の運転というのは、事故無く当たり前に乗っている時は何とも思いませんが、不慮の事故に遭遇してしまう事態が、人生に一度は起こりうるかもしれません。被害者になることもあれば、加害者になることもあるのが交通事故です。

自分に過失が無くても、被害者になることもあります。一通り事故の処理が終わっても、相手と過失割合の相談や、こちらが加害者ならば慰謝料の相談も必要になってきます。そんな時は交通事故相談の専門家に相談すれば、過去の事例を参考にして、公平で明確な判断をしてくれます。また、相手との示談も対応してくれる場合もあります。

保険任せにせずに交通事故相談をする

交通事故に関するトラブルは、保険会社に任せておけば安心と思われがちです。しかし、保険会社に任せきりにしてしまうと、問題解決が遅れる可能性があります。加害者から早く治療費や慰謝料を受け取りたいなら、弁護士に交通事故相談をすることが不可欠です。

交通事故相談では、過去の具体的な事例を見て、慰謝料の相場を把握することができます。やみくもに請求しても、思ったほどの金額が受け取れないことが多いです。弁護士の力を借りることで、自分と同じような事例でいくら受け取れたのかが分かり、スムーズな請求をすることが可能になるのです。

損をしないためには交通事故相談が必須

交通事故の被害者は、さまざまな場面で不利になります。加害者が誠意をもって対応している場合はよいのですが、必ずしもそうではないのです。加害者に慰謝料を請求しようとしても、なかなか応じてくれないことも少なくありません。

話し合いで決着がつかない場合、裁判で争うことになります。ただ、いきなり裁判を起こすのは得策ではないのです。まずは、どのくらい慰謝料を請求できるのか、事例を確認することが欠かせません。弁護士に交通事故相談をすると、どのような事例があるのかを説明してもらえるため安心です。早めに交通事故相談をすると、大きな損をせずに済みます。

メニュー

ページトップへ戻る