交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

行政書士ができる交通事故相談について

行政書士は、一定の交通事故相談をすることができますが、示談交渉はすることができません。その理由は、弁護士法が、弁護士以外の者が訴訟や示談の代理人となることを禁止しているからです。

できることは、自賠責保険被害者請求の、後遺障害認定手続きについてや、政府保障事業手続きに関する代行や相談等です。そのため、本格的に交通事故の損害について加害者と争うが生じている場合には、相談しても効果は薄いです。

そのため、そういった場合には、相手と直接交渉が可能な、交通事故弁護士に仕事を依頼したほうが、解決するまでの道のりが短くて済みます。

交通事故相談は事故直後に行うべき事柄です

歩道を歩いていた李、店の中に居ても交通事故が起こる事も多くなってきています。高齢者の運転も減らず、踏み間違えでの事故が近年ニュースで多く見受けられますよね。交通事故の被害を受けた時に、ケガの具合や損害のレベルにより、交通事故慰謝料が請求できます。

交通事故に遭った際、よく軽視する事例が、軽い症状や何ともないと思われるむちうちです。その場で痛みがなくても、後々痛みが出て来たり、後遺症を患うなんて事例も多くあります。交通事故で弁護士などへ相談する事を怠れば、立証できない事もあり、本来受け取れていた額の請求でさえ出来なくなります。ケガや痛みが無くても交通事故相談は必ずしておきましょう。

大阪弁護士会

HP:https://www.osakaben.or.jp/

所在地:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故相談関連

ページトップへ戻る