交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

行政書士ができる交通事故相談について

行政書士は、一定の交通事故相談をすることができますが、示談交渉はすることができません。その理由は、弁護士法が、弁護士以外の者が訴訟や示談の代理人となることを禁止しているからです。

できることは、自賠責保険被害者請求の、後遺障害認定手続きについてや、政府保障事業手続きに関する代行や相談等です。そのため、本格的に交通事故の損害について加害者と争うが生じている場合には、相談しても効果は薄いです。

そのため、そういった場合には、相手と直接交渉が可能な、弁護士に仕事を依頼したほうが、解決するまでの道のりが短くて済みます。

ページトップへ戻る