交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故弁護士 > 経験豊富な交通事故弁護士に依頼しよう

経験豊富な交通事故弁護士に依頼しよう

交通事故にあってしまい慰謝料を相手に請求したい場合は交通事故弁護士にお願いすることをお薦めします。弁護士さんは沢山いますが交通事故の示談交渉を過去にたくさん扱っている経験豊富な弁護士を選びましょう。

その上でわかりやすい説明をしてくれる先生であれば安心です。交通事故の場合、専門用語が多く後遺症と後遺症がいといった違いが分かりにくい言葉もあるのできちんと理解できるように説明してくれることで納得のいく結果をえることができます。

また示談で解決できない場合もあるので交通事故の訴訟経験の有無も聞いてみることも大切です。

交通事故弁護士は固定報酬も

交通事故弁護士に依頼を出している時、慰謝料を受け取っている場合に固定報酬を支払うように言われることもあります。固定報酬の場合は、弁護士事務所によって支払う金額が異なっていますので、固定報酬で最低でも支払うことになる金額を確認してください。

交通事故弁護士によっては、20万円以上の固定報酬が設定される場合もあります。固定報酬が大きい場合には、もっと安く利用できる弁護士を検索してもいいでしょう。また、任意保険を活用している場合には、報酬を支払わなくても保険から出してもらえるサービスもあるので、有効活用してお金の負担を小さくするといいです。

交通事故弁護士は初回のみ相談無料

初回の相談については、交通事故弁護士は無料にしていることが多いです。ただ、条件が追加されていて、加害者側の相談は無料にならないのです。

大半の場合は、交通事故を起こされてしまった、被害者側に対して交通事故弁護士は無料の相談を行っています。

2回目以降については、相談は有料になってしまうので、1回目である程度の相談を完了していくことが重要です。更に、交通事故には報酬として弁護士に支払う金額もあります。交通事故後の報酬はそれなりに高い傾向もありますので、結構多くの報酬を取られることを考えるなら、なるべく相談は1回で済ませしょう。

交通事故弁護士の着手金は無料が多い

交通事故弁護士に依頼を出す場合には、着手金が発生する場合もあります。着手金は、弁護士に依頼を出すと発生する費用で、報酬と異なる金額として提示されています。かなりの額を着手金で取られてしまう場合もありますので、交通事故弁護士を選ぶときには、なるべく着手金が発生しない弁護士を選んでください。

事務所によって、発生している着手金の額は変わります。着手金についてしっかりと調べて、安心して依頼を出せることを確認してから依頼を行うといいでしょう。特に無料で利用できるとわかった場合には、交通事故に関連する依頼を出しやすくなります。

慰謝料の基準を交渉してくれる交通事故弁護士

交通事故のような場合おいて被害が発生しないようなケースは基本的にはありませんので、何らかの対応が必要とされてきます。そのような際に、交通事故弁護士が慰謝料の基準を交渉してくれますので、依頼する人は増えているようです。

慰謝料の基準に関しては任意保険の基準や自賠責保険の基準、弁護士基準とありますので、交通事故弁護士にお任せすることでより良い方向に交渉を進めてくださることでしょう。基準が違うだけで慰謝料の受取金額が倍以上異なるようなケースもありますので、その点も踏まえて法律事務所を選ぶと良いでしょう。

交通事故弁護士関連

メニュー

ページトップへ戻る