交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故弁護士

適切な示談金を得るには交通事故弁護士に代理人を

交通事故の示談交渉で保険会社から被害者に提示されるのは任意保険の基準で計算された慰謝料を含めた金額です。 この金額は被害の度合いからすると適切でない金額であることがほとんどです。

交通事故弁護士に代理人になってもらうと適切な裁判基準の損害賠償の金額を受け取れる可能性が高まります。 また手間のかかる示談交渉を交通事故弁護士に任せてしまうことによって煩わしいことから逃れられるメリットも大きくなります。

交通事故の交渉を交通事故弁護士に任せると慰謝料などの金銭面のメリットも大きいのですが、精神的なメリットを得られることも大きいです。

交通事故弁護士の報酬は

交通事故弁護士については、報酬の金額が回収した金額からと書かれています。交通事故で得ている慰謝料から、最終的に弁護士に支払う報酬を差し引くことになり、場合によっては、割合がかなり大きくなります。

交通事故弁護士を選ぶ視点として、報酬が固定で掲載されているよりも、割合でしっかり提示してくれる弁護士を選んだほうが良いです。報酬が固定されている場合、慰謝料の金額がかなり高くならない限り、損をする可能性があるからです。そこで報酬が割合に設定されていて、なおかつ慰謝料を受け取っている金額からそこまで多くの報酬を取らない弁護士が良いでしょう。

交通事故弁護士は特約が使える

保険の中に、弁護士費用特約が追加されている場合もあります。自動車保険の契約を行っている時に、弁護士の費用を保険で支払うことができるようになれば、交通事故弁護士の利用料金は0円になります。

報酬を後から支払う場合でも、保険から支払いが発生する仕組みとなっていて、交通事故で得ている慰謝料から支払う必要がありません。報酬を支払う際に、任意保険に加入できていて、なおかつ弁護士費用特約が活用できるようならお金の負担はなくなっています。なお、弁護士費用特約を活用しても、事故の状況によっては保険会社が支払額を減らす場合もあるので注意が必要です。

交通事故弁護士を利用する意義

交通事故に遭われた場合、入院や通院などをして、後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害等級の申請を行わなくてはいけません。また治療費や休業損害、慰謝料などの交渉をしなくてはいけません。

交通事故によって、心身共に疲労困憊の状態で、自分1人で全ての交渉や申請をしていては、大きな負担となってしまいます。そこで、交通事故弁護士を活用し、一任することで当事者は治療に専念することが出来ます。後遺障害は認定等級によって、慰謝料に大きな差が生まれますので、早い段階から弁護士に相談をして交渉をしてもらうようにしましょう。

早めに交通事故弁護士に相談

交通事故に遭った場合には、治療や通院などをしなくてはいけませんし、後遺症が残ってしまったら、後遺障害等級の申請をしなくてはいけません。また仕事を休んでいた時の保証などの慰謝料についても同時に交渉をしていかなくてはいけません。

心身共に疲れ切っている状態の中で、全ての交渉をするのはとても困難です。このような場合には、交通事故弁護士を活用してください。全ての交渉を代理で行ってくれますし、慰謝料などは引き上げることも可能です。交通事故弁護士を上手く活用したい場合には、事故に遭った直後から弁護士を活用してください。

交通事故弁護士関連

メニュー

ページトップへ戻る