交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

交通事故弁護士に算定機構について相談する

後遺障害慰謝料とは、交通事故で負った怪我の後遺症が損害賠償として認められる後遺障害になった場合に受け取れるお金です。 後遺障害慰謝料は、一般的には紛争が多い事柄ではありません。

後遺障害慰謝料についても被害者と加害者の主張が衝突して紛争となる場合もあるのですが、一般的には割合順調に合意に至ることが多いのです。 ところが、近頃は算定機構が厳密になってきていて、十四級の後遺障害の認定については特に厳密に扱われる傾向があるため、前もって交通事故弁護士に相談しておくのが良い方法です。 十四級が認定されるのと、されないのでは慰謝料の金額が百万円以上違ってきます。

ページトップへ戻る