交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故慰謝料 > ひき逃げ交通事故の慰謝料について

慰謝料請求が不可能なひき逃げの交通事故

相手が常に特定できている交通事故だけではなくて、ひき逃げとなる場合もあります。

交通事故の加害者が監視カメラなどにより特定できる場合は、慰謝料を請求できますが、最終的に特定できない時には弁護士に交通事故相談しても交通事故慰謝料の請求ができませんね。

その場合はひき逃げにあったという事を警察に届ける必要があります。そうすると書類が発行され交通事故に遭った事が証明されます。慰謝料ではなく、保険会社より実損てん補が受けられる事もあります。

それで問題が起きた時には、法律相談を利用するといいそうです。

この様にいろんなケースで法律相談を活用する場合がある様です。困った時には助けを求めたいですね。

交通事故慰謝料請求を依頼したらどれくらいかかるの?

もし弁護士さんに交通事故慰謝料請求を依頼した場合には費用はどれくらいかかるようなものなのでしょうか?あまりにも高額ですとまずその支払い自体ができないという人も多くなってしまいますよね。

事例によって異なってきますが、大体の費用さえわかっていればより頼みやすくなります。法律事務所で特徴的なのが着手金があるということです。こちらは契約金のようなものなのですが、意外とこの費用が高かったりします。しかし最近では着手金がない法律事務所もありますのでその辺は自分でどういった交通事故弁護士さんを雇いたいのかによって異なってきます。着手金プラス成功報酬プラス諸経費がおもな費用の内訳です。

交通事故慰謝料を自分で請求した人の事例を知りたい

交通事故慰謝料を実際に自分で請求した人の事例というのは多いものなのでしょうか?それともどちらかというと少ないのでしょうか?自分で請求をした方が余分な費用がかかりませんし、誰かと無駄にやり取りをすることがないのでそういった沢山の人とやり取りをしなければならないのは嫌だという人にはかえってやりやすいのかもしれません。

しかし事例を見てみると全て個人的に請求をしてみた人は最初自分の希望とかなりかけ離れた金額を提示されたということで苦戦している人が多いようですので、こういったことに詳しくない人はプロにお任せした方がいいかもしれません。

交通事故慰謝料請求は弁護士に相談

弁護士と聞くと、話しかけにくい印象があるかもしれません。けれども私達の生活は、法律で説明できるようになっています。弁護士は法律の専門家ですから、様々な案件を解決してくれます。

交通事故案件に精通する交通事故弁護士には、交通事故慰謝料の請求などを依頼することができます。弁護士は、弁護士基準で慰謝料などを計算するので、保険会社の提示した金額より増額されることがほとんどです。交通事故の被害者となると、治療が必要な場合もあるでしょう。弁護士費用がかかってしまいますが、手続きを代行してもらえるので、治療に専念することができるのはメリットです。

交通事故慰謝料の請求を考えて

交通事故の被害者になったら、できるのは保険会社に連絡することだけではありません。保険会社は、加入している保険の内容に従って事務的に手続きを進めるだけです。ましてや、加害者の保険会社と交渉するなどしてくれません。

交通事故慰謝料の請求など交通事故案件に関して疑問があれば、交通事故弁護士に相談すると良いでしょう。弁護士基準という弁護士独自の指標で計算しますので、保険会社の提示額より増額されることが多いです。弁護士費用がかかりますが、煩雑な手続きをせずに済むので、肉体的だけでなく精神的な苦痛を避けることができます。

大阪弁護士会

HP:https://www.osakaben.or.jp/

所在地:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

ページトップへ戻る