交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

慰謝料請求が不可能なひき逃げの交通事故

相手が常に特定できている交通事故だけではなくて、ひき逃げとなる場合もあります。

交通事故の加害者が監視カメラなどにより特定できる場合は、慰謝料を請求できますが、最終的に特定できない時には弁護士に相談しても交通事故慰謝料の請求ができませんね。

その場合はひき逃げにあったという事を警察に届ける必要があります。そうすると書類が発行され交通事故に遭った事が証明されます。慰謝料ではなく、保険会社より実損てん補が受けられる事もあります。

それで問題が起きた時には、法律相談を利用するといいそうです。

この様にいろんなケースで法律相談を活用する場合がある様です。困った時には助けを求めたいですね。

ページトップへ戻る