交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

交通事故の過失割合で変動する慰謝料

一瞬の間に発生する交通事故というのは、どの様に発生したのか当事者であってもすべてを把握できない事もあるかもしれません。慰謝料の決定において双方が納得できず弁護士のところに法律相談に持ち込まれるケースもあります。

交通事故では怪我をした被害者にも問題があったと判断された場合には、過失割合が高くなったり低くなったりする事もあります。

曖昧な交通事故もあり、何対何と数字できちんと表すのは難しい事もあるかもしれません。過失割合で慰謝料の金額が変動しますので法律相談を通して、慰謝料の解決を目指す事もあります。

しかし、弁護士はその現場にいた分けではありませんので、相談時はどの様にして事故が起きたのかという事を詳細に伝える必要があります。

ページトップへ戻る