交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故慰謝料

交通事故の過失割合で変動する慰謝料

一瞬の間に発生する交通事故というのは、どの様に発生したのか当事者であってもすべてを把握できない事もあるかもしれません。慰謝料の決定において双方が納得できず弁護士のところに法律相談に持ち込まれるケースもあります。

交通事故では怪我をした被害者にも問題があったと判断された場合には、過失割合が高くなったり低くなったりする事もあります。

曖昧な交通事故もあり、何対何と数字できちんと表すのは難しい事もあるかもしれません。過失割合で慰謝料の金額が変動しますので法律相談を通して、慰謝料の解決を目指す事もあります。

しかし、交通事故弁護士はその現場にいた分けではありませんので、相談時はどの様にして事故が起きたのかという事を詳細に伝える必要があります。

弁護士基準での交通事故慰謝料の計算

交通事故に遭った時に交通事故慰謝料が一番重要になります。慰謝料の金額次第で、愛車の修理をすることが出来るのか、適正な治療を受けられるのかが変わってきます。重要な慰謝料の計算方法は3つで、弁護士基準と任意保険基準、自賠責保険基準となります。

3つの基準の中で最も安いのが自賠責保険基準です。最も高いのが弁護士基準で、交通事故弁護士は過去の事例などを元に慰謝料を計算していくため、ほかの基準よりも高くなるケースが多いのです。交通事故弁護士に相談することで、弁護士基準での慰謝料を請求することが出来ますので、事故に遭われたらすぐに相談してください。

交通事故慰謝料で求めるものは金額

交通事故で相手に要求するのは交通事故慰謝料です。交通事故に巻き込まれた場合、謝罪よりも誠意を見せて欲しいのが本音です。そのようなときには、弁護士基準から慰謝料を請求するようにしましょう。弁護士基準なら、交通事故において過去の事例などを参考に計算をしてくれます。

交通事故弁護士は相手方との示談交渉などを全て行ってくれますし、とても頼りになります。一般の方が相手と交渉をしようとしても上手くいかないのが一般的で、慰謝料の増額には交通事故弁護士の力が必要です。現状の慰謝料が適正かどうかのチェックもしてくれるので、相談してみてください。

交通事故慰謝料の請求を弁護士に依頼する費用について

交通事故慰謝料の請求を弁護士に依頼した場合にはどれくらいの費用がかかるようなものなのでしょうか?弁護士さんに依頼する上で特殊な金額が着手金と呼ばれるものになります。こちらは契約金のようなものだと思っておいていただければ間違いありません。

例え依頼内容に対して成功しても失敗してもかかってくる料金ということになります。この金額は法律事務所によって異なってきますので事前に弁護士さんに確認しましょう。また成功報酬ですが弁護士基準によって支払われた慰謝料に対して何パーセントという形で請求されることになります。

しっかりと受け取りたい交通事故慰謝料

交通事故が起きてしまった場合において、加害者側は被害者側に交通事故慰謝料を払うことを命じられています。その前段階として、加害者側と被害者側において交通事故慰謝料の交渉がなされることとなります。

交通事故に関して知識や情報がないような人においては、そのまま交渉に入ってしまうようです。しかしながら、交通事故の慰謝料においては、基準が存在しますので注意して交渉することが必要です。一番高い基準である弁護士基準は、過去の判例をもとに作られていますので、正当な慰謝料だと言えるでしょう。このようなことから、交通事故に熟知している法律や専門家の助言が必要になるでしょう。

大阪弁護士会

HP:https://www.osakaben.or.jp/

所在地:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

ページトップへ戻る