交通事故の慰謝料交渉は弁護士へ

交通事故の慰謝料について弁護士に相談してみませんか?

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故で死去した際の慰謝料

交通事故で死去した際の慰謝料を相談

残念ながら交通事故で死去するという事もあります。
その場合には、もちろん被害者の遺族に対して慰謝料を支払う事になります。

怪我をした場合と比較するともちろん被害者が死去した場合の交通事故の方が補償される慰謝料の金額が大きくなり、更に葬儀費用なども加害者側が支払います。しかし、その金額に遺族が納得できない際は法的に解決するため弁護士相談を行う事もあります。

数千万円という慰謝料になりますので、やはり法律相談を通して納得のいく金額になる様、調整したいと考える人もいます。

交通事故弁護士に相談すると費用がかかりますが、亡くなった人の事を考えると、交通事故を解決したいという思いもあるのではないでしょうか。

大きな差が生まれる交通事故慰謝料

弁護士に交通事故慰謝料請求を依頼することで受け撮れる慰謝料が跳ね上がることもあります。保険会社もビジネスですので、慰謝料の金額をいかに抑えるかということを考えています。示談交渉に交渉専門の担当者を用意し、最初はとても低い金額で交渉を行います。

この金額では納得が出来る金額が提示されることが少ないので、交通事故弁護士に弁護士基準で慰謝料を算出してもらってください。過去の事例などを参考にして、再計算していきますので、最初に提示された金額を跳ね上げることが出来る可能性がとても高いです。その後の交渉も弁護士が行ってくれます。

方法によって金額が異なる交通事故慰謝料

弁護士に交通事故慰謝料請求について相談した方が受け撮れる慰謝料は高くなる可能性があります。保険会社もビジネスとして商売をしているので、慰謝料の金額を出来るだけ低くしようとして、示談交渉を交渉専門の担当者に任せてしまいます。

交渉担当者は最初にとても低い金額で示談成立をさせようとしてきます。そのような場合には、交通事故弁護士に弁護士基準での慰謝料を計算してもらうようにしてください。過去の事例などを参考にし、慰謝料を算出していきますので、最初に提示された金額よりも高くすることが出来ます。差額が倍以上になるケースもあります。

交通事故慰謝料をスムーズにもらうためには

交通事故慰謝料で保険会社や加害者の人とトラブルに発展してしまう人というのは少なくありません。なぜもめてしまうのかといいますとお金を支払う側と、受けとる側の希望する金額が異なっているからです。

通常被害者の人が自分で請求をかける場合には自賠責保険基準というのが用いられるのですが、こちらは数ある基準値の中でも最低ラインといってもいいくらいの金額です。そのためもし最初からスムーズに自分が欲しいと思っている金額を得ることを目標とするのであれば弁護士基準を使用できる弁護士に依頼することをお勧めします。この場合司法書士はNGです。

交通事故慰謝料を請求する時

交通事故慰謝料を請求する際に弁護士に依頼した方がいい場合というのはどういった時なのでしょうか?いくつか依頼した方がいい状況というのがあるのですがまずは加害者が弁護士を出してきた場合です。

この場合にはこちらも弁護士を雇った方がいいです。加害者だけ弁護士基準を持ち出して話をされても、こちらが素人では話になりません。逆にこちらが被害者の場合には、加害者に対して弁護士基準を持ち出しやすいのでそういった意味でもやはり弁護士に依頼して間違いはないと思います。早期解決を望む場合にも早い檀家で依頼することをお勧めします。

大阪弁護士会

HP:https://www.osakaben.or.jp/

所在地:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

ページトップへ戻る